株式会社 福岡リアルティ
  • ENGLISH
  • 漢語
  • 한국어

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

youtube

facebook

twitter

経営理念
  • 次のページへ
  • 2
  • 1
福岡リアルティの最大の特徴は何ですか?
不動産投資信託を運用する「地域特化型」の資産運用会社ということです。福岡・九州の優良物件を対象としているほか、九州電力株式会社や福岡地所株式会社を始め地元の経済界を代表する企業にスポンサーとして出資していただいています。当社のスタッフもほとんどが九州出身です。本来、不動産というのはローカルなビジネスです。不動産のことは地元の人が一番良く知っている。だからこそ、その土地を熟知した人間が運用するのが一番確かなのです。自分たちが一番強いエリアで勝負してこそ、投資家の皆様により良い投資実績を提供できる、と思っています。
その特徴は、投資家にとってどんなメリットがあるのですか?
ひとつは、地域に密着しているため情報力が違います。ネットワークも強力ですから、物件情報、土地の特性、テナント情報などいち早くキャッチして運用に役立てます。もうひとつは、投資家にとっての分散投資メリットです。首都圏以外の福岡・九州地域に投資する機会を提供します。
どんな物件を運用していく方針ですか。今後の方向性は?
メインターゲットは優良な商業施設やオフィス等です。「キャナルシティ博多」に代表されるように、エンターテイメント性、デザイン性に優れ競争力を備えた商業施設に注力し、安定賃料収益を生み出すことを目指します。まずはスポンサー拠出物件を中心とする物件から着手していますが、将来的には広く市場から物件を求め、福岡地所株式会社を始め地元デベロッパーの新規開発プロジェクトも対象として充実させていきたいと考えています。さらに、地元事業会社の本支店、営業店舗、物流施設など、地元経済に密着した物件の運用にも力を入れていきたいと考えています。
  • 2
  • 1
  • 前のページへ
福岡・九州の良さは何ですか。社長はどんな思い入れがあるのでしょう?
九州は大経済圏で成長性と活力に満ち、自動車や半導体、ロボットなど戦略・先端産業の一大拠点であるとともに大消費地です。特に福岡は人口も伸びており、非常に元気がいい。しかも都会でありながら自然が豊かで、アジアでも「住みやすい街」として高く評価されています。にもかかわらず、このエリアの不動産物件はこれまで資本市場にきちんと説明、紹介されていなかったために過小評価されているのが実情です。そこで、この地域の優良物件を通して投資家の皆様にこの市場を紹介し、投資のお役に立ちたいと思っています。その意味では、私たちは「福岡・九州のセールスマン」です。
福岡・九州エリアの様々なタイプの不動産への投資を通じて、不動産市場の活性化に貢献したい。それがひいては、地域経済にもプラスの効果をもたらす。そういう志を持ちながら、資産を運用し、福岡リート投資法人とともに成長していきたいと思います。

社長挨拶はこちら

福岡の成長性をどう考えていますか?
福岡は、九州における商業の中心地で、まさに「商都」と言えます。ヒトが動き、モノが動いて、取引も活発です。また、日本全体では人口の伸び悩みが問題になっていますが、福岡都市圏へは若年層を中心に人口流入が続き、将来的にも人口成長が期待されます。それだけの魅力のある街なのだと思います。こういう人たちが将来にわたって、消費を拡大し、街全体が発展していくことが期待できます。

福岡の展望はこちら

「Act Local, Think Global」をモットーに掲げていますが、「地域特化型」との関係は?
Act Localは、地元に根付き、地元に関する知識とノウハウを最大に生かして資産を運営するということで、私たちの大きな強みです。一方のThink Globalですが、不動産市場やマーケットについては、常に日本全体・世界全体の動きを眺め、グローバルスタンダードの投資理論や資本市場のトレンドを理解して、それを資産の運営に反映させることが必要です。この点でも、当社は海外留学経験者や大手金融機関出身者など優れた人材を揃えています。ローカルなビジネスである不動産を、グローバルな発想と見識で運営していく、ということです。この両輪で我々の使命を果たし、投資家の皆様のベストパートナーとなりたいと考えています。